2008年9月27日土曜日

今週の新作てまりはKagomeです。





送信者 Kagome


送信者 Kagome


送信者 Kagome


送信者 Kagome





てまり、籠目模様。
A Temari, a basket pattern.

このてまりは籠の網目模様を表したものです。
This Temari expresses the meshes-of-a-net pattern of a basket.

Kagomeとはバスケットの事です。
Kagome is a basket.

日本人は昔から籠をさまざまな場面で使ってきました。
Japanese people have used the basket in various scenes from ancient times.

そして、それを編む時もさまざまな模様を作ってきました。
And various patterns have been made also when knitting it.

このてまりはそのバスケットの網目パターンの一つです。
This Temari is one of the meshes-of-a-net patterns of that basket.

籠の穴のこと"Me"と言います。
It is called thing "Me" of the hole of a basket.

"Me"とは、目のことです。
"Me" is an eye.

Doumekiという守り神が居ます。
There is a guardian deity called Doumeki.

これは百の目を持つと書きます。
This writes that it has the eye of 100.

それは実際に百あるわけではありません。多くのと言う意味を百と表します。
There is not necessarily actually it 100. The meaning called many those is expressed as 100.

多くの目は悪を寄せ付けないと信じられてきました。
It has been believed that many eyes do not allow wrong to come near.

そのため籠の模様はお守りとして使われてきました。
Therefore, the pattern of a basket has been used as a charm.


Size : The diameter of 10cm. 3.9 inches.
Weight of a main part : 110g
Thread of a pattern : Silk, Gold or silver : Synthetic fiber

Since my similar goods had sold well, I made this Temari.

0 件のコメント: