2013年12月31日火曜日

てまり『菊の手法で作る紅葉』の作り方

この手毬はある場所で花びらが1つずつ違う物があり
作ってみたいと思っていた物です。

そして紅葉のイメージが見えたので
作ってみたのですが、赤とオレンジの色の対比があまり差が無く
赤の強調が弱かったと出来上がってから感じています。


送信者 紅葉


送信者 紅葉



てまり講座87.てまり『菊の手法で作る紅葉』の作り方1(詳細説明あり)
Temari Lecture 87. How to make a Temari "The autumnal leaves made by the technique of a chrysanthemum". 1



てまり講座87.てまり『菊の手法で作る紅葉』の作り方1(詳細説明なし)
Temari Lecture 87. How to make a Temari "The autumnal leaves made by the technique of a chrysanthemum". 1



上記の手毬を作っている最中にイメージがわいて
作ったのが下記の手毬です。


送信者 紅葉


送信者 紅葉


送信者 紅葉


送信者 紅葉



出来上がった時はほぼイメージどおりと思ったのですが
今思えばオレンジと赤の色が少し近すぎると感じています。
もう少し黄色に近いオレンジのほうが良かったかな?
とも思っています。


てまり講座88.てまり『菊の手法で作る紅葉』の作り方2(詳細説明なし)
Temari Lecture 88. How to make a Temari "The autumnal leaves made by the technique of a chrysanthemum". 2



動画に音が無いのは仕様です。


2013年12月30日月曜日

てまり『矢羽菊』の作り方

この手毬も母のノートにあったものです。
ただ初めて作ったのはかなり前で・・・
YouTube動画のほうは次の紅葉を作るために急いで動画を用意した作品です。


送信者 矢羽菊


送信者 矢羽菊



送信者 矢羽菊


送信者 矢羽菊



てまり講座86.てまり『矢羽菊』の作り方(詳細説明なし)
Temari Lecture 86. How to make a Temari "Feather of an arrow Chrysanthemum".



動画に音が無いのは仕様です。


2013年12月29日日曜日

てまり『2つの三角バラ』の作り方

この手毬もある場所に販売されていて
欲しい!作ってみたい!
そう思ったので作ってみました。

理論的には作り方が理解出来ていたのですが
作ってみると三角にならず・・・

理論的に理解しているがまだ作っていない作品が多数あるので
これから作ってみないとわからない事も出てくると感じた作品です。


最初に出来上がったのは昨日紹介した6角巻きになってしまい・・・
実はこの作品、3度目の正直で出来上がったのです。

2個目は一応三角形に出来たのですが
赤道部分が綺麗に出来ず気に入らなくて・・・


写真を撮って気づいたのですが
下に糸が渡っている部分が地紋のように三角形が浮き出て
うろこ模様のようになっていて
いい感じに出来上がったと思います。
(うろこ模様は正三角形を並べた模様で
魔よけの模様として古来から伝わる伝統的模様です。)
送信者 2つの三角バラ


送信者 2つの三角バラ


送信者 2つの三角バラ



てまり講座85.てまり『2つの三角バラ』の作り方(詳細説明なし)
Temari Lecture 85. How to make a Temari "2 triangle roses".



動画に音が無いのは仕様です。


2013年12月28日土曜日

てまり『六角巻き』の作り方

この作品は本当は次の三角バラを作るつもりだったのが
このようになってしまったのです。

多くの場合、この模様は8等分で作られます。
伝統的なものの作品には8等分で作られた写真をよく見ます。

これはこれでまぁいっか・・・
という事で紹介しています。


三角バラを作るのに試行錯誤していて
その為にこの作品は実は12等分で当初、地割をしています。
作りながら予定通り三角バラにならず・・・
12等分は不要で6等分の地割でよかったとわかった作品です。


送信者 巻きかがり


送信者 巻きかがり



てまり講座84.てまり『六角巻き』の作り方(詳細説明なし)
Temari Lecture 84. How to make a Temari "Hexagon winding".



動画に音が無いのは仕様です。


2013年12月27日金曜日

てまり『籠の中のコスモス』の作り方

この手毬はある場所に販売用として展示してあった物を
欲しい!と思い、作ってみました。

麻の葉模様の籠の中にコスモスの花というデザインです。
写しでしたので黒土台を使用していますが
今思うと別の色使いでも・・・と思ったりします。
別の色使いもそのうち作りたいと思います。


送信者 Kagome


送信者 Kagome


送信者 Kagome



てまり講座83.てまり『籠の中のコスモス』の作り方(詳細説明あり)
Temari Lecture 83. How to make a Temari "Cosmos in the basket".



てまり講座83.てまり『籠の中のコスモス』の作り方(詳細説明なし)
Temari Lecture 83. How to make a Temari "Cosmos in the basket".



動画に音が無いのは仕様です。


2013年12月26日木曜日

てまり『八重づる桔梗』の作り方

この手毬は長野県松本地方に伝わる手毬です。

模様を連続的にかがる手法ですので
写真だけで作るのは厳しかったです。
母のノートがあったので作ることが出来ましたが
ノートが無かったら難しかったです。


技法的に難しい物ではなく
手順がわかれば作れる物なのですが
常に作っていないと手順を忘れそうになる模様です。

和裁の専門学校に行っていた時に
3枚縫ってようやく手順が覚えられる。
5枚目くらいで気が抜けて失敗する。
10枚縫ってようやく綺麗にできましたねと言う事が出来る。
このように言われましたが本当にその通りだと思います。

それなりに個数作っていればカンペ無しで作れますが
まだ作った個数が少ない模様は
カンペなしでは厳しいです。


送信者 Yae-zuru-kikyou


送信者 Yae-zuru-kikyou


送信者 Yae-zuru-kikyou



送信者 Yae-zuru-kikyou


送信者 Yae-zuru-kikyou


送信者 Yae-zuru-kikyou



てまり講座82.てまり『八重づる桔梗』の作り方(詳細説明あり)
Temari Lecture 82. How to make a Temari "Yae-zuru-kikyou".



てまり講座82.てまり『八重づる桔梗』の作り方(詳細説明なし)
Temari Lecture 82. How to make a Temari "Yae-zuru-kikyou".



動画に音が無いのは仕様です。


2013年12月25日水曜日

てまり『10等分麻の葉』の作り方

麻の葉模様には多種多様な物がありますが
これは分割線を利用した非常にシンプルな模様になります。

今回は10等分の分割で模様を作りましたが
10等分の分割で作るのであれば
もっと別の物のほうが良かったかな?
と出来上がった後でそのように思いました。

分割線をそのまま利用した麻の葉模様であるのなら
10等分より8等分の組み合わせのほうが
三角形がより正三角形に近く作れるので
良いと思います。

もう少しアレンジすれば10等分で正三角形を作ることが可能なので
そのうち作りたいと思っています。


送信者 Asanoha


送信者 Asanoha


送信者 Asanoha



てまり講座81.てまり『10等分麻の葉』の作り方
Temari Lecture 81. How to make a Temari "10 division into equal parts, a hempen leaf".



動画に音が無いのは仕様です。


2013年12月24日火曜日

昨日の出品商品

いろいろ忙しく今回は1点しか作ることが出来ませんでした。
星つなぎです。
6色、12個の星が繋がったデザインです。


送信者 星つなぎ


送信者 星つなぎ


送信者 星つなぎ


送信者 星つなぎ


送信者 星つなぎ


送信者 星つなぎ


送信者 星つなぎ


送信者 星つなぎ



2013年12月23日月曜日

てまり『4つの錘方』の作り方

この手毬も祖母が好きなデザインでした。
長野、松本地方に伝わる手毬にも同じデザインがあります。
祖母の色使いはやはり紫だったような記憶があります。

私がこれを作ったのはアルバムの記録から9月になっているので
秋をイメージして作っています。
別の季節に作っていたら多分別の色使いになったはずです。

錘型のデザインでは4つまでは一般的でよく見るのですが
5つはあまり見ません。
多くの錘を重ねた作品は錘菊というのが多いのですが
5色の錘交差はどのような模様が浮き出るのか?
いずれ作ってみたいとも思います。


祖母とは別居でしたのであまり多くの事は覚えていないのですが
祖母がよく言っていたのは
「やってみれば いいさ」
このように言っていたと母より聞いたことがあります。


送信者 spindle shape cross


送信者 spindle shape cross



てまり講座80.てまり『4つの錘方』の作り方(詳細説明あり)
Temari Lecture 80. How to make a Temari "4 spindle shape cross".



動画に音が無いのは仕様です。


2013年12月22日日曜日

てまり『竜胆(りんどう)』の作り方

この手毬も母のノートにあったものです。
祖母が作ったかどうかは不明です。


我が家のデジカメは古いので
紫が綺麗に出ず、通常の背景ですと青に映ってしまいます。
そのような場合、このようにクリスマスの赤を背景に持ってくると
紫が綺麗に写り、おおむね元の色を再現することが出来ます。


この模様は色を変えると水仙にもなるので
そちらで紹介されている事もある作品です。


送信者 竜胆(りんどう)


送信者 竜胆(りんどう)


送信者 竜胆(りんどう)


てまり講座79.てまり『竜胆(りんどう)』の作り方(詳細説明あり)
Temari Lecture 79. How to make a Temari "gentian".



てまり講座79.てまり『竜胆』の作り方(詳細説明なし)
Temari Lecture 79. How to make a Temari "gentian".



動画に音が無いのは仕様です。


2013年12月21日土曜日

てまり『6つの菊』の作り方

この手毬も祖母が好きだったデザインの手毬です。
なぜか祖母の作品の印象は紫!
糸の都合だったのか?
それとも紫が好きだったのかは不明です。


母は好まないデザインで
作品を作っている姿も、出来上がった作品も残っていません。

母に6つ菊や12菊を作らないのか?
と聞いた時、花を6つまして12個もかがるなんて・・・
と言っていました。

母の作品の場合、作るのにかなりの時間をかけて作っていましたので
もしかしたら(体力の無い人でしたので)
精神的に難しかったのかも知れません。

ちょっとしたお礼に作品を差し上げていた事も多いので
上下2つの模様を好んで作っていました。
晩年、わずかに作った総かがりの模様のいくつかは
作り上げるのに半年ぐらいかけていましたので
そういう意味でも6つの菊を1つの手毬に・・・
これは厳しかったのかも知れません。


送信者 6Chrysanthemum


送信者 6Chrysanthemum


送信者 6Chrysanthemum



送信者 6Chrysanthemum


送信者 6Chrysanthemum


送信者 6Chrysanthemum



てまり講座78.てまり『6つの菊』の作り方(詳細説明あり)
Temari Lecture 78. How to make a Temari "6 chrysanthemum".



てまり講座78.てまり『6つの菊』の作り方(詳細説明なし)
Temari Lecture 78. How to make a Temari "6 chrysanthemum".



動画に音が無いのは仕様です。


2013年12月20日金曜日

てまり『柳川流の菊』の作り方

この手毬は母のノートにあった物です。
九州、柳川地方に伝わる手毬で最大の特徴は
土台の部分が見えないように全て糸で覆ってしまう事です。

販売用として売られている手毬の多くが
リリアンを使用していますが
リリアンの欠点として色褪せしやすい事です。

私は25番刺繍糸を使用していますが
伝統的なものは手染めの草木染糸を使用すると聞いていますが
現在、その糸を使用して手毬を作っているかどうか
確認は取れません。

草木染の手毬は現在は四国の讃岐毬が有名になっています。


個人的には柳川流独自の模様があるかどうか不明なのですが
総かがり(刺繍糸で土台全てを埋め尽くす模様)はいくつかありますので
菊をわざわざ空間を埋めるという事はあまり好みではないです。


送信者 柳川流の菊


送信者 柳川流の菊



送信者 柳川流の菊


送信者 柳川流の菊



てまり講座77.てまり『柳川流の菊』の作り方(詳細説明あり)
Temari Lecture 77. How to make a Temari "chrysanthemum of the Yanagawa style".



動画に音が無いのは仕様です。