2013年10月1日火曜日

てまり、菱重ねの作り方

この手毬は2種類の作り方があります。
一般的なものは最初の1のほうですね。


母の教室ではこの菱重ねを最初のレッスンにしていたようです。
ですが一般的な作り方で作ると
初心者さんは上手に赤道で菱がつながらなく
隙間が空いてしまうようです。


そこで初めてでも綺麗に菱がつながるようにと
2の1周菱をかがったら2段目に行かず
そのまま隣の列へ行く方法を母は考えたようです。


菱重ね、椿 Hishi-kasane


菱重ね、椿 Hishi-kasane


菱重ね、菱餅 Hishi-kasane


菱重ね、椿 Hishi-kasane


菱重ね、椿 Hishi-kasane


菱重ね、椿 Hishi-kasane


菱重ね、菱餅 Hishi-kasane


菱重ね、菱餅 Hishi-kasane


菱重ね、菱餅 Hishi-kasane


菱重ね Hishi-kasane


菱重ね Hishi-kasane


菱重ね、椿 Hishi-kasane


菱重ね、椿 Hishi-kasane



直径2-3cmの作品は絹手縫い糸を使用しています。
老眼がすすんだかな?
という感じがあるので、ミニサイズの絹糸の作品は今作れるかどうか?
ちょっと不安がありますね。


現在主に使用している糸は25番刺繍糸です。
よく知られている国産糸やDMC、アンカー等の糸は細くしなやかです。
中国系の安い糸は少し太いです。
でも私は中国のDMC互換の糸、好きですね。
木綿ならではの素朴で優しく暖かい風合いが好みです。

今はまだ各種メーカー取り混ぜて使用していますが
互換糸にそのうち切り替わると思います。


手毬専用糸や5番刺繍糸も悪くは無いですが
糸が太いので個人的にはちょっと・・・
作品が荒い印象がするので。


最近人気の讃岐の手染め糸も憧れますが
私はまだ使用した事がありません。


てまり講座4.菱重ねの作り方1。(詳細説明あり)
Temari Lecture 4. Hishi-kasane 1.


てまり講座4.菱重ねの作り方1。(高画質説明なし)
Temari Lecture 4. Hishi-kasane 1.


てまり講座5.菱重ねの作り方2。
Temari Lecture 5. Hishi-kasane 2.


菱重ねの手法で作る椿
The camellia made by the technique of Hishi-Kasane.



動画に音声が無いのは仕様です。


0 件のコメント: