2013年10月11日金曜日

てまり『ポインセチア』の作り方

この手毬は母が好きだった手毬ですね。
母が好きだったのは白い土台の物でした。


ポインセチア、白 地 poinsettia


ポインセチア、白 地 poinsettia



私は25番刺繍糸や絹糸を使いますが
母はリリヤンをよく使用していました。

リリヤンは独特の光沢があるので
豪華な感じにするには金銀の糸をそれなりに使用します。


でも、私はある時から金銀の糸の使用を最小にしました。
実は全盲の方に手毬をお譲りし
その時に金銀の糸は冷たいと言われたからです。


糸に光沢があるリリヤン
安価ではあるが、化繊はやはり安っぽく見えるのが欠点です。
専用の手毬糸もやはり化繊という点では・・・


ですが暖かい作品
という点を意識した時
木綿または絹となったのです。

ところがこれら自然素材は金銀糸とはちょっと異質。
自然と私の最近の作品では金銀糸の使用が少なくなりました。


初期の頃はこんな作品も作ったのですが・・・


ポインセチア、黒 地 poinsettia


ポインセチア、黒 地 poinsettia



花?の中央と交点には星型スパンコールを飾りビーズで止めてあります。
クリスマスツリーのイメージで作りました。


今は・・・頼まれれば作りますが
触った時の違和感を考えると積極的には多分作らないと思う・・・


クリスマスイルミ ネーション poinsettia


クリスマスイルミ ネーション poinsettia



土台に編み物引き揃え用の光沢のある糸と
青の土台糸を同時に巻く事でキラキラした感じを出しました。
糸の性質もあり、ちょっと冷たい感じに仕上がっています。
都会のクリスマスイルミネーション・・・
華やかさと冷たさが混在した作品・・・
今の私の気分ではこれも作らないと思います。


ポインセチア、青 地 poinsettia


ポインセチア、青 地 poinsettia



クリスマスイルミネーションの土台のラメ糸を抜いたら・・・
何か物足りないというか違和感のある青土台。


最近は絹糸を使ってこんな感じに仕上げています。
金色に見える糸は金茶で金糸とは種類が違うのです。
通常の絹糸と同じ種類で、つまり染めによって金色に見えます。
金糸は糸に金属を貼り付けているので冷たい感じがします。
染めの物も多いですが、この場合、化繊を使用するので
やはり冷たい感じになります。

私が使う基準は
触って暖かいか冷たいか?
ザラザラ等の違和感を感じるか感じないか?
これが使用する基準ですね。


ポインセチア、白地 poinsettia


ポインセチア、白地 poinsettia


ポインセチア、黒 地 poinsettia


ポインセチア、黒地 poinsettia


ポインセチア、青 地 poinsettia


ポインセチア、青 地 poinsettia



なぜか青地もそれなりに人気があるので作っています。


てまり講座22.てまり『ポインセチア』の作り方(詳細説明あり)
Temari Lecture 22. How to make a Temari "poinsettia".




てまり講座22.てまり『ポインセチア』の作り方(詳細説明なし)
Temari Lecture 22. How to make a Temari "poinsettia".



動画に音が無いのは仕様です。


0 件のコメント: