2013年10月15日火曜日

てまり『ねじり梅』の作り方

送信者 Nejiri-Plum
この赤土台のねじり梅は祖母が大好きな手毬でしたね。
多分、10等分の組み合わせで祖母が作った唯一の手毬かもしれません。

今ならこのデザインが紅梅をイメージしているとわかるのですが
初めて手毬を作った時
なぜこれが梅なのか・・・
実はよくわかりませんでした。


昔は使える色数も少なかったし、
祖母が使用していたのはリリアンだったので余計に色も少なかったからと
今は思っています。
伝統的な色使いがこの手毬です。


個人的には他の色使いのほうが好きですが
ストラップ等にするには赤土台はなかなか良いと思います。


送信者 Nejiri-Plum


送信者 Nejiri-Plum


送信者 Nejiri-Plum


送信者 Nejiri-Plum



10等分の組み合わせ地割を行い
ねじり(糸をくぐらせる技法)も行いましたので
基礎編はここまでです。


これで一通りの技法解説が終了した事になります。
この後は応用編になります。


あえてまだ未解説の物と言えば
総かがり模様
つまり糸で手毬の表面を全て覆う模様になります。


一部の模様はともかく、多くの総かがり模様は
正確な地割、正確な技術がないと綺麗に作る事ができません。
つまり十分に経験をつまないと厳しいという事です。


よく綺麗に作れませんと言う方が居ますが
母は新しい紙テープを生徒さんに渡し
これが無くなる頃には上手になりますよ。
と言っていました。


とにかく綺麗に作るためには
数をこなす事。


私は和裁の専門学校へ行きましたが
そこで先生に言われました。
同じ物を5枚縫ってようやく手順が覚えられる。
3枚目くらいでヘマして重大なミスをする。
10枚縫ってようやく綺麗にできましたねと言える。


何でも同じなのです。

私自身、同じデザインで10個作った手毬は非常に少なく
さすがに10個作った手毬であれば
カンペ無しでイメージだけで作れるのですが
その他の物はいつもメモ見ながら作っています。


たしか、こんな感じ・・・
なんて作ると、必ずイメージどおりにはならず・・・
と失敗の連続だったり。
失敗から新しい作品が出来たりもするので
それなりに楽しい作業ではあるのですが。


てまり講座27.10等分の組み合わせ地割の作り方(詳細説明あり)
Temari Lecture 27. Combination division of 10.
How to make combination division of 10 division into equal parts.



てまり講座28.てまり『ねじり梅』の作り方(詳細説明あり)
Temari Lecture 28. How to make a Temari "Nejiri-Plum."



てまり講座28.てまり『ねじり梅』の作り方(詳細説明なし)
Temari Lecture 28. How to make a Temari "Nejiri-Plum."



0 件のコメント: