2013年10月29日火曜日

てまり『菊模様のお雛様』の作り方

この手毬は母が某所にあったものを復元したらしいですが
私に、これはダメだよ。
と言った物でした。


駄目な理由が

動画の中でも説明していますが
普通にこの構造で作ると自立しません。
重さのバランスで倒れます。
倒れないようにするには2通りの方法が考えられます。

下の毬を扁平に作り、安定を良くする。
これ、言うのは簡単ですが、扁平な毬を作るのもなかなか大変です。

そこで私は中にビー玉を入れ、重りにしました。
特定の場所が下になるよう
ビー玉は土台の表面に来るように作成します。

これで自立という問題は解決しました。


実は、作ってみて即人形が倒れてしまったのですが
その時、首のつなぎになっている爪楊枝が折れてしまったのです。
これは人形としては非常に良くない。
母のノートには爪楊枝と書いてあったのですが
実際に作ったら悪かった。
そこで母の台詞はダメだよだったのです。

この問題も、爪楊枝ではなく
菜ばしを切って使用することで解決しました。


母が好んで使ったリリヤンですが人形の髪には不向き。
他の素材については思い浮かばなかったようです。
私は母の使用するリリアンの質感が嫌いだったので
刺繍糸を使用していました。

刺繍糸を使用すると
土台にしろもや、いろもを使った場合
糸が割れることがあります。
そこでより細い糸という事で
90番のロックミシン糸を使用していました。


髪の毛にロックミシン糸を使用すればよい!
これにはすぐ気づきましたが
一番困ったのが、髪の毛の分量です。
各種、人形のテキストも持っていましたので
それらを参考に髪の毛の量を決めました。

お好みでもう少し髪の毛を多くしても良いと思います。


送信者 菊模様のお雛様


送信者 菊模様のお雛様


送信者 菊模様のお雛様


送信者 菊模様のお雛様


送信者 菊模様のお雛様


送信者 菊模様のお雛様


送信者 菊模様のお雛様


送信者 菊模様のお雛様



てまり講座41.てまり『菊模様のお雛様』の作り方(詳細説明あり)
Temari Lecture 41. How to make a Temari "doll of a chrysanthemum pattern".



動画に音が無いのは仕様です。


0 件のコメント: