2013年11月19日火曜日

今週の出品商品

菱重ねの手法で作る椿、ストラップサイズ
鈴がちょっと大きめですが・・・
手毬の中に入れるために鈴を購入したのですが
ちょっと小さいために手毬の中に入れてしまうと
それなりの音が出ないのです。

今まで使用した鈴で
手毬の中に入れるのに最適と思えるのはやはり
直径2cmは欲しいですね。
お祭りなどに使用する鈴がなかなか良い音を出します。

6mmの鈴だと形だけですね。
ストラップに着けて鈴らしい音を出すのには少し無理があります。


送信者 Mobile strap


送信者 Mobile strap


送信者 Mobile strap



刀語の手毬もストラップサイズを作ってみました。
北極から一定の距離をとるのに
待ち針を埋め込み、待ち針の頭の球を目安に距離をとっています。


送信者 刀語のてまり


送信者 刀語のてまり


送信者 刀語のてまり



ストラップサイズの手毬ばかり集めて
クリスマスツリーを・・・
なんて事を考えたりしますが一体どれだけの手毬が必要なのかな?
なんて思ったりします。


パーティー用に作り、お土産に・・・
なんてブログを見た事はあるのですが・・・


普通サイズで(直径10cm)
三角バラです。
8等分の組み合わせで作る三角バラもありますが
これは巻きかがりの手法で作っています。

写真で見て、これいい!
と思ったので作ってみました。
ですが実はこの作品、納得がいかず3度目の正直でようやく完成した物です。

これから手順動画作りますが・・・


送信者 2つの三角バラ


送信者 2つの三角バラ


送信者 2つの三角バラ



次の作品は
先ほどの三角バラを作っている時に出来上がったものです。
ある程度作品を作っていると
写真を見ただけで、手順は理解できます。
ですが、細かなポイントとかは見落としたりします。
その見落としにて出来上がった作品です。

古典模様の中でよく似た作品がありますが
多くが8等分で作られています。
8等分のほうがポピュラーでしょう。
私自身、本当は先ほどの三角バラを作るつもりだったのですから。


送信者 巻きかがり


送信者 巻きかがり


送信者 巻きかがり



巻きかがりのバラで五角形で作られた写真を見つけましたので
そのうち作りたいと思っています。


0 件のコメント: