2014年1月15日水曜日

てまり『星かがりの梅』の作り方3

私は今まで以下の梅の花が小さく、
周囲が大きいタイプの手毬を作ってきました。


送信者 星かがりの梅



しかしいくつかのサイトで
花が大きく、周囲が小さいタイプのデザインを見つけ
作ってみました。


この手毬は絹手縫い糸を3本合わせで作っています。


送信者 星かがりの梅


送信者 星かがりの梅



実は前回、赤土台で作ったので(松竹梅)
白土台を思ったのですが・・・


送信者 星かがりの梅


送信者 星かがりの梅



頑張ってかがりすぎて・・・
梅の花とはちょっとイメージが違うような・・・(汗


という訳で、赤土台で作り直したのです。


上記の白土台の作品は
絹小町(絹紡糸、別名 布団とじ糸)と呼ばれる糸で
絹糸としてはランクは下がるのですが
独特の温かみのある扱いやすい糸です。
糸としても手縫い糸よりは太く
業務用のおおきな巻きもあるので私はいろいろな点で好きな糸です。


久しぶりに太い糸を使用したので
作品の出来上がるスピードがとても速くて
改めて糸の太さと作品のスピードは大きいな・・・
と考えさせられた作品です。


てまり講座95.てまり『星かがりの梅』の作り方3(詳細説明あり)
Temari Lecture 95. How to make a Temari "the plum by a stellar stitch". 3


てまり講座95.てまり『星かがりの梅』の作り方3(詳細説明なし)
Temari Lecture 95. How to make a Temari "the plum by a stellar stitch". 3



動画に音が無いのは仕様です。


0 件のコメント: