2014年4月28日月曜日

今週の出品商品

まず先週の色違い作品。
10等分分割模様。
名前の通り、分割線を太くして
麻の葉模様を組み合わせた物です。

実はこれも補充だったりします。
以前は1つの模様の解説を作ると
色違いで3-5個作っていました。
最近はそこまで手が回らず新規ばかり作ってたりします。


実は以前は手順の写真、主人に撮ってもらってたので
日曜日しかできず、1つの解説作るのに1ヶ月ぐらいかけていたのです。
ですのでその合間に色違いを作っていたのですが
自分で写真を撮るようになり
(販売用写真は撮ってもらっています)
現在は週1個くらいのペースで解説用作品作っている結果になっています。


送信者 Division


送信者 Division



この模様、あと3個作る予定で糸と土台が用意してあるのですが
比較的短時間で出来る作品なので
適当に合間を見て作ろうと思っています。


そして芝桜です。


送信者 Shiba-sakura


送信者 Shiba-sakura



白土台が一般的なのですが
白は在庫があるので水色の土台で作ってみました。

昨年、本当は解説を作ろうと思っていたのですが
気づいたら季節は過ぎ去り・・・
今年こそ・・・という事で作りました。


スライドショー、写真は出来ていますが
まだ編集が・・・
連休中は何かと忙しいので少し遅くなるかも・・・


毎年こんな感じでチャレンジしたかった作品
解説作るつもりが作りきれずに見送りになる作品があったりします。


そして赤土台の白菊です。


送信者 Chrysanthemum


送信者 Chrysanthemum



実は誰かの作品をそのままコピーする時
色使いまでそのままコピーという事は非常に少ないのです。

今回、この作品
ヤフオクにてびっくりなお値段で出品されていまして
(評価の数などから推測し、あまりリサーチされていない方
と私は見たのですが・・・)
ついつい変な所にスイッチが入ってしまいまして・・・

私にとっては作り慣れた基本の菊の模様
一体どれくらいの時間がかかるか計ってみようと思い
作ってみました。
でも性格的に完全コピー
出来ないわけじゃないですけど帯の部分の千鳥がけ
ここだけはコピーしたらつまらないと思い
自分の好きなように作ってしまいました。


さて、所要時間ですが大雑把6-8時間でした。
これは土台から作り完成するまでの時間です。

私は25番刺繍糸を最近はよく使いますが
もし、手毬専用糸とか、5番刺繍糸のように
太目の糸を使用したらもっと早く完成すると思います。


他の作品でいつもは細い糸を使用しているのに
たまに太い糸を使用したら
びっくりするほど早く作品が出来上がりましたから。


私の場合、作品のお値段は
ネットで販売されているお値段の平均値
これを基準にしています。

後は作品を作るのに必要な時間
基本作品のお値段を基準に難しい作品は
あれの*倍大変だったから・・・
なんて感じで決めているのですが・・・


最近のリサーチだと
直径8-10cmの菊が
私は3800円を基準価格にしています。
(特別落札手数料とか高い場所はその分、お高いお値段設定ですけど)


それで他の方の場合
8千円というのがありまして
材料費込みで時給千円と考えれば妥当なお値段と思います。


問題のヤフオクの商品ですが・・・
桁が1つ多かったんですね。
さすがに、これには・・・


思わず
「お値段から推測するに
随分ご高名な方のお作とお見受けしましたが
どなたのお作でしょうか?」
とお茶席流の質問をしたくなったのですが
やめておきました・・・


ただやっぱり何か納得できなくて
それで、改めてどのくらい時間がかかるか
試してみようと思ったのです。


手毬など時間がかかる作品ですから
作っても販売はしたくない
そういう方も多いですから。

経験とかでも所要時間は変わってきますが
母が作っていた頃と比べれば圧倒的に製作人工減っていますし
針仕事を嫌う人も増えていますので・・・

今後どうなるのかな?
などと思いつつ記録も含めてスライドショー作っています。


2014年4月22日火曜日

今週の出品商品

先週は出かけなければいけない日が多く
作品作りはあまり出来ませんでした。

一番痛かったのは
葉のかがりが終わって
さて、花を(ここで作業の半分以上経過)
と思ったら、地割の問題で花をかがる事ができないと確定した事
これもロスタイムの大きな要因で・・・

きちんとテキストがあって
それを作るのであればこのような問題は起きないのですが
写真から複製となるとこういう問題も発生します。
何事も経験ですね。


ちなみにボツ作品は・・・
上から毛糸、または化繊綿等を巻き
土台を整えて別作品に使用します。


という訳で。まずは補充の作品です。


送信者 Division


送信者 Division



そして変則桜のストラップバージョンです。


送信者 変則桜


送信者 変則桜



ストラップバージョンも手順の写真撮ってありますが
まだ編集していません。
大きいサイズが作れれば特に説明は不要な作品ですので
手抜き編集になりそうですが・・・
スライドショーはもう少しお待ちください。


2014年4月20日日曜日

てまり『変則桜』の作り方

この作品は某所に売られていた物を
作ってみました。


写真からの複製の場合
モニタだと読み取りにくかったり
作業する場所とPCが少し離れていたりするので
私の場合は全てプリントアウトしてから
その写真を見ながら作っています。


母などもあまり作らない作品はテキストを見るより
祖母や自分が以前作った作品を傍に置いて
作ることが多かったように記憶しています。


かがり方の法則性がつかめてしまえば難なく作れるのですが
それを読み取るまでだいぶ時間がかかった作品でした。


送信者 変則桜


送信者 変則桜



てまり講座112.てまり『10等分の組み合わせ、
放射線状の補助分割』の作り方(詳細説明なし)
Temari Lecture 112. How to make a Temari "Combination
division of 10. Auxiliary radiation-like division."



てまり講座113.てまり『変則桜』の作り方(詳細説明あり)
Temari Lecture 113. How to make a Temari "The cherry tree by an irregular stitch".


てまり講座113.てまり『変則桜』の作り方(詳細説明なし)
Temari Lecture 113. How to make a Temari "The cherry tree by an irregular stitch".



動画に音が無いのは仕様です。


2014年4月13日日曜日

本日の出品商品

この作品は某所にて販売されていたものを
少し色を変えて作ってみました。


変則的なステッチになるので
変則桜と名づけてみました。


通常だと大きい物より小さいストラップアレンジのほうが
作りやすいのですが
変則ステッチなので五角形のほうが作りやすいです。


母の生徒さんの中に
先生、最初の1段だけやってぇ~
という生徒さんが居たらしいですが
この作品はその気持ちがよくわかります。


でも、花12個ですとさすがに誰かに手伝って・・・
とは言えませんが、最初の色で12個の花をかがってしまうと
その後の作業は非常に楽でした。


送信者 変則桜


送信者 変則桜



手順のスライドショーはもうしばらくお待ちください。


2014年4月10日木曜日

てまり『橘つなぎ』の作り方

この手毬は母のノートにあったものです。
私は白い花にしましたが
母のノートには山吹色の花にオレンジの縁取りとなっていました。

色のバランスとしてはそのほうが鮮やかで
華やかな印象に出来上がるので良いのかもしれませんが
ミカンの花を思った時
イメージが違う・・・
と思い、私は白い花にしました。


送信者


送信者


送信者



送信者


送信者


送信者



てまり講座111.てまり『橘つなぎ』の作り方(詳細説明なし)
Temari Lecture 111. How to make a Temari "8 Tachibana filler".



動画に音が無いのは仕様です。


2014年4月9日水曜日

てまり『橘』の作り方

この手毬も母のノートにあったものです。
正確には次に紹介予定の
『橘つなぎ』として書いてあり
それを作っている時にストラップサイズも作ろう
と思い、花2個に私がアレンジしました。


母のノートでは白い花の部分が黄色、オレンジで
華やかな印象の手毬になっていましたが
橘って何?
と調べた時、ミカンの仲間という事。
実は私は橘を見たことが無いのです。
雛人形の作り物でそれが橘とは知っているのですが
本物の橘を知らないのです。

ですがミカンの花は
白い清楚、可憐と呼ぶにふさわしく
あまり自己主張をする花ではないので
橘と記された手毬を作るのに
黄色やオレンジで華やかに作る気分にはなれなかったのです。
実を表していると言うのであればそれなりに納得なのですが
それでもデザイン的に
これは実ではなくやはり花だな・・・と。


送信者


送信者



送信者


送信者



てまり講座110.てまり『橘』の作り方(詳細説明なし)
Temari Lecture 110. How to make a Temari "2 Tachibana".



動画に音が無いのは仕様です。


2014年4月8日火曜日

今週の出品商品

まずお嫁入りした作品の補充で
赤土台のあめ玉です。
いつもは金糸で地割と帯の千鳥をするのですが
今回、この模様としては初めて
金糸を使わずに作品を作る
という事にチャレンジしてみました。


色合わせ的には困ったら金糸や銀糸を使えば何とかなる
という感じもあったのですが
あえて縛りを設けることで違った感じも・・・
なんて思ったり・・・

金糸は手触りが良くないので
なるべく使わないようにしていたのですが
どうなんでしょう・・・


実物のあめ玉をイメージしての色合わせならそれほどではないのですが
赤土台のあめ玉
ある意味、色遊び的な要素が強いので
個人的にはちょっと苦手だったりします。


送信者 Candy ball


送信者 Candy ball



どうせならついでに
お揃いでストラップも作ってしまおう・・・
と作ってみました。


わざわざ作るのだとちょっと面倒なのですが
大きい物を作った直後だと
決めた色がそのままテーブルの上に乗っていますので
作るやすいです。
こういう時は、土台は組み物と同じ扱いで
同時に作ってしまいます。


送信者 Candy ball


送信者 Candy ball



そして橘です。


こちらも大きい物とストラップサイズをセットで作りました。
前回作った時
手順のデータがスマホの不調で壊れてしまったので
今回、作り直しながら
写真を撮りなおしました。


送信者


送信者


送信者



送信者


送信者



手順のスライドショーはこれから作ってUPします。


2014年4月7日月曜日

てまり『緋桜』の作り方

この手毬も母のノートにあったものです。
母が好んで作った作品は本当に限られていて
1個しか作らなかった作品も多いのでは?
そう思うこともあります。

作品の数もそれなりに残っているのですが
お気に入りの作品は残っていなくても
よく作っていたな・・・と記憶に残っていたりします。

でも、今回の緋桜のように
間違い探し的な作品になると
私が見ていた作品はどちらだったのだろう?
と思ってしまいます。

また、ノートなどにデザインが残っていても
母にどうして**は作らないの?
(私が見ていて、凄い!と思えるデザイン)
母の返答はあれは**で凄く作るのが大変だから・・・
そんな話もした覚えがあります。


祖母は三つ羽亀甲と3つの菊
これを好んでいましたが、母は・・・
作ったかどうかも不明・・・
こんな作品がいくつもあります。


送信者 緋桜


送信者 緋桜



てまり講座109.てまり『緋桜』の作り方(詳細説明なし)
Temari Lecture 109. How to make a Temari "Scarlet cherry tree".



一見様お断り・・・みたいな動画ですみません。
YouTubeのほうに参考作品のリンク貼ってありますので
そちらを参考にしてください。

さすがに動画も100を超えますと
作品Aと作品Bを合わせたら作品Cになる
なんて感じのものが多くなります。


そうなると完全に新しい物以外は既に紹介済み
になってくるのでご了承ください。


動画に音が無いのは仕様です。


2014年4月5日土曜日

てまり『ねじり角箱』の作り方

この手毬は昨日紹介した角箱の応用編です。
母や祖母だったら間違いなく金糸、銀糸を使っていただろうな・・・
と思いつつ私は金糸、銀糸を極力使用しない
という制約で最近、作品を作っています。


手触りが冷たいというか
糸の質によってはざらつくと言うか・・・
違和感なんですよね。


木綿の25番刺繍糸を使用するか
絹糸を使用するか?
いずれにしても糸独自の暖かさがあるのですが
化繊の糸や金属糸は手触りが冷たくて・・・


という理由で今までだったら間違いなく金糸、銀糸を使用していた物を
使用しないで作品を作る
というのを最近のコンセプトにしています。


縛りを設けることで作りにくい作品や
これだけは・・・という作品もあるのですが
それはそれで、悩むのも良いかと・・・


ただ鶴だけはどうしようか・・・
思案中です。


とにかくこの作品は
金糸を使わず金茶で代用。
思った以上に気に入った作品に仕上がりました。


送信者 角箱


送信者 角箱


送信者 角箱


送信者 角箱



てまり講座108.てまり『ねじり角箱』の作り方(詳細説明なし)
Temari Lecture 108. How to make a Temari "Nejiri Corner box".



動画に音が無いのは仕様です。


2014年4月4日金曜日

てまり『角箱』の作り方

この手毬も母のノートにあったものです。
ただ母の残した作品の中には無かったような気が・・・
模様の質からすれば
母より祖母好みの手毬と思います。


母は花の手毬を好みましたが
祖母は幾何学模様が好みだったのかな?
ですが晩年の母の作品の中には
かなり複雑な幾何学模様も作品として残っているので
これは凄い!
と思える幾何学模様だったら作ったのかも・・・
なんて思えてきます。


比較的単純な模様なので
経験者であればすぐ作れると思いますが・・・
どこかの小説の本の表紙にもあった模様なので
見た覚えはあるのですが
本の題名までは思い出すことが出来ません。


送信者 角箱


送信者 角箱


送信者 角箱


送信者 角箱



てまり講座107.てまり『角箱』の作り方(詳細説明あり)
Temari Lecture 107. How to make a Temari "Corner box".



てまり講座107.てまり『角箱』の作り方(詳細説明なし)
Temari Lecture 107. How to make a Temari "Corner box".



動画に音が無いのは仕様です。


2014年4月2日水曜日

今週の出品商品

先週は主人が仕事で写真を撮ってもらう事が出来ず
今週は雨だったので写真どうしよう・・・
と思ったのですが、雨のわりに明るかったので
写真を撮ってもらいました。


写真と現物の再現性は悪くなかったのですが
やはり少し暗いというか
影の部分が濃く出すぎたかな?
という感じはあります。


まず、星かがりの梅です。
これはお嫁入りした物の補充で作っています。


送信者 星かがりの梅



角箱2種類です。

両方とも母のノートにあったものですが
祖母も作っていたような気がします。

折り紙に同名の物がありますので
そこからモチーフが生まれた作品と推測します。


送信者 角箱


送信者 角箱


送信者 角箱


送信者 角箱



母や祖母だと金糸を使うのでしょうが
最近は私はなるべく金糸や銀糸は使わないで
作品を作るようにしています。

これは手触りを重視する為ですが
この黒土台の手毬は金糸の代わりに
金茶の刺繍糸を使用しています。

黒地だと映えるな・・・と思ったり・・・
ねじりの技法を使用している分、白い物よりは時間がかかります。


送信者 角箱


送信者 角箱


送信者 角箱


送信者 角箱



緋桜です。
以前作ったよく似た桜のデザインは
菊のように糸を上に乗せていきますが
これは下掛け千鳥の技法を使用しているので
少し手間がかかります。
どちらが良いか?
これは好みの問題ですね。


送信者 緋桜


送信者 緋桜



橘つなぎです。
この作品も母のノートにあったものなのですが
実は右近の桜、左近の橘・・・

名前だけは聞いていたのに
さて・・・橘ってよく聞くけど一体何でしょう・・・
と思っていました。
今回、作品を作るに当たり少し調べ
ようやく、かんきつ類だった事を知った次第です。


実のほうもあまり市場には出回らず
花もミカンの花と言われれば納得なのですが
とても控えめな花です。
花の中央がミカン色・・・
これが他のミカン類の花との違いといえそうです。


送信者


送信者


送信者



花と言うにはあまりに控えめな姿に惚れて(?)
ストラップも作ってみました。


送信者


送信者



母のメモには黒土台を使用とあったのですが・・・
自然を写す事をテーマに作品作りをしている私としては
黒という気分になれず・・・


でも黒のほうが引き締まるのかな?
とも思い色使いには悩みます。


実は緋桜までは手順のデータが出来ているので
これからスライドショーの編集予定なのですが
橘のほうはスマホアプリ、アップデートの時に
一部の写真データが壊れてしまい・・・

もう1個作品を作る事にしました。
その時、写真データを撮りなおす予定です。