2014年4月28日月曜日

今週の出品商品

まず先週の色違い作品。
10等分分割模様。
名前の通り、分割線を太くして
麻の葉模様を組み合わせた物です。

実はこれも補充だったりします。
以前は1つの模様の解説を作ると
色違いで3-5個作っていました。
最近はそこまで手が回らず新規ばかり作ってたりします。


実は以前は手順の写真、主人に撮ってもらってたので
日曜日しかできず、1つの解説作るのに1ヶ月ぐらいかけていたのです。
ですのでその合間に色違いを作っていたのですが
自分で写真を撮るようになり
(販売用写真は撮ってもらっています)
現在は週1個くらいのペースで解説用作品作っている結果になっています。


送信者 Division


送信者 Division



この模様、あと3個作る予定で糸と土台が用意してあるのですが
比較的短時間で出来る作品なので
適当に合間を見て作ろうと思っています。


そして芝桜です。


送信者 Shiba-sakura


送信者 Shiba-sakura



白土台が一般的なのですが
白は在庫があるので水色の土台で作ってみました。

昨年、本当は解説を作ろうと思っていたのですが
気づいたら季節は過ぎ去り・・・
今年こそ・・・という事で作りました。


スライドショー、写真は出来ていますが
まだ編集が・・・
連休中は何かと忙しいので少し遅くなるかも・・・


毎年こんな感じでチャレンジしたかった作品
解説作るつもりが作りきれずに見送りになる作品があったりします。


そして赤土台の白菊です。


送信者 Chrysanthemum


送信者 Chrysanthemum



実は誰かの作品をそのままコピーする時
色使いまでそのままコピーという事は非常に少ないのです。

今回、この作品
ヤフオクにてびっくりなお値段で出品されていまして
(評価の数などから推測し、あまりリサーチされていない方
と私は見たのですが・・・)
ついつい変な所にスイッチが入ってしまいまして・・・

私にとっては作り慣れた基本の菊の模様
一体どれくらいの時間がかかるか計ってみようと思い
作ってみました。
でも性格的に完全コピー
出来ないわけじゃないですけど帯の部分の千鳥がけ
ここだけはコピーしたらつまらないと思い
自分の好きなように作ってしまいました。


さて、所要時間ですが大雑把6-8時間でした。
これは土台から作り完成するまでの時間です。

私は25番刺繍糸を最近はよく使いますが
もし、手毬専用糸とか、5番刺繍糸のように
太目の糸を使用したらもっと早く完成すると思います。


他の作品でいつもは細い糸を使用しているのに
たまに太い糸を使用したら
びっくりするほど早く作品が出来上がりましたから。


私の場合、作品のお値段は
ネットで販売されているお値段の平均値
これを基準にしています。

後は作品を作るのに必要な時間
基本作品のお値段を基準に難しい作品は
あれの*倍大変だったから・・・
なんて感じで決めているのですが・・・


最近のリサーチだと
直径8-10cmの菊が
私は3800円を基準価格にしています。
(特別落札手数料とか高い場所はその分、お高いお値段設定ですけど)


それで他の方の場合
8千円というのがありまして
材料費込みで時給千円と考えれば妥当なお値段と思います。


問題のヤフオクの商品ですが・・・
桁が1つ多かったんですね。
さすがに、これには・・・


思わず
「お値段から推測するに
随分ご高名な方のお作とお見受けしましたが
どなたのお作でしょうか?」
とお茶席流の質問をしたくなったのですが
やめておきました・・・


ただやっぱり何か納得できなくて
それで、改めてどのくらい時間がかかるか
試してみようと思ったのです。


手毬など時間がかかる作品ですから
作っても販売はしたくない
そういう方も多いですから。

経験とかでも所要時間は変わってきますが
母が作っていた頃と比べれば圧倒的に製作人工減っていますし
針仕事を嫌う人も増えていますので・・・

今後どうなるのかな?
などと思いつつ記録も含めてスライドショー作っています。


0 件のコメント: