2014年6月25日水曜日

てまり『8つの菖蒲』の作り方

この手毬も母のノートにあったものです。
菖蒲の時期は過ぎてしまいましたが
季節の皮膚感覚というか気分はまだ菖蒲なのです。

もう少しで6月も終わるというのに・・・
実は母が作ったアジサイの手毬を作りたくて・・・
実物が残っているはずなのに見つからなく・・・
それを探している時に見つけ
まだ動画作ってないことに気づき
作ってしまいました。

動画のほうはとにかくいろいろな模様を集める
これを目的にしています。
なるべく易しい物から順を追って・・・

チャレンジしてみたい作品は多々あるのですが
非常に時間がかかる物もあり・・・
出来上がる前に精神力も切れそうで・・・
とにかく経験つんで時間のかかる作品も気力が切れないように・・・
なんて思っています。


送信者 菖蒲


送信者 菖蒲



てまり講座125. てまり『8つの菖蒲』の作り方(詳細説明なし)
Temari Lecture 125. How to make a Temari "8 Iris".



動画に音が無いのは仕様です。


2014年6月24日火曜日

てまり『巻きバラ』の作り方

この作品も母のノートにあった物ですが
作品によっては、某所にあった手毬写真の切り抜き
なんて事も多いです。
この作品はそんな画像の一つです。

写真を見て、ある程度作った人であれば作り方は容易に想像できるのですが
実際に手を動かしてみると
いろいろ反省点の多い作品でした。


母は五角形を重ねていくバラは好みましたが
この糸を巻くバラは・・・
と言うより巻きかがりの作品を好まなかったみたいです。

理由は苦労のわりに(糸を大量に使うわりに出来上がりが…)
でも私は実際に作ってみて
確かに糸は大量消費しますが
大輪のバラという感じで気に入りました。

私自身、枡かがりが好きでないというのも
理由だと思います。

このバラは初めて作ってみた作品
しかも解説なしで写真から複製したものなので
反省点も多々あり、いつか作り直したいと思っています。
説明動画の中でも反省点を記載してあります。


送信者 巻きバラ


送信者 巻きバラ



てまり講座124. てまり『巻きバラ』の作り方(詳細説明あり)
Temari Lecture 124. How to make a Temari "Volume rose".


てまり講座124. てまり『巻きバラ』の作り方(詳細説明なし)
Temari Lecture 124. How to make a Temari "Volume rose".



動画に音が無いのは仕様です。


2014年6月23日月曜日

昨日の出品商品

『巻きバラ』です。

糸をひたすら巻くことでバラの模様を作ります。

この作品も母のノートにあったものですが
母は巻きかがり(糸を巻くことで作る模様)は
あまり好まなかったのです。

作ってみてわかることがたくさんあり・・・
後でスライドショーの時に解説したいと思います。


送信者 巻きバラ


送信者 巻きバラ



もう一つは『菖蒲』です。
ちょっと季節がずれてしまったのですが
なんか作りたくて・・・

この作品も母のノートにあった作品です。


送信者 菖蒲


送信者 菖蒲



2点ともスライドショーはこれから作る予定なのでお待ちください。


2014年6月18日水曜日

てまり『6つのバラ』の作り方

この手毬も母のノートにあったものです。
母は6つの花の時は椿にして
12の花の時はバラにしていたような気がします。

展示会用に大寸で作ったのが残っていると思うのですが・・・


今回私は葉のステッチを工夫してみました。


送信者 6つバラ


送信者 6つバラ



てまり講座123. てまり『6つのバラ』の作り方(詳細説明あり)
Temari Lecture 123. How to make a Temari "6 roses".


てまり講座123. てまり『6つのバラ』の作り方(詳細説明なし)
Temari Lecture 123. How to make a Temari "6 roses".



動画に音が無いのは仕様です。


2014年6月17日火曜日

てまり『あいだの菊』の作り方

この手毬の作り方も母のノートにあったものです。

鶴岡地方でよく作られていた作品のようです。
実際、最近のヤフオクなどの出品物を見ると
大切に保管されていたと思われる
または作者が保管していた作品が出品されています。


ただ菊を好んだ母としては珍しく
この作品はあまり好まなかったようです。


その理由は
どこで習ったのかは不明なのですが
太い糸でざっくりと作られていて
よく言えば、素朴な・・・
言い方を変えれば、荒い作品になっています。

実際、現在売られているかは確認が取れないのですが
リリアンで安価な作品にこういう傾向が見られます。


そのためか母は好まなかったようです。

でも、ネットが普及し、簡単に多くの方の作品を目にすることが出来
私好みの糸を使い、何段もかがることで
荒い作品という印象は消え
むしろ、古い作品の中には
かなり大玉で細かい作品も中古で販売されていたりします。

つまり、荒い作品というのは
使用する糸、分割、作品サイズ等で決まると言うことになります。


手毬と言えば菊というくらいにポピュラーな作品ですが
それでもバリエーションは数多く
菊だけでも本が1冊作れるのでは?
と思います。


特別難しい作品ではないので
入門者にも作れる作品と思います。


送信者 間の菊


送信者 間の菊



てまり講座122. てまり『あいだの菊』の作り方(詳細説明あり)
Temari Lecture 122. How to make a Temari "chrysanthemum of a between".


てまり講座122. てまり『あいだの菊』の作り方(詳細説明なし)
Temari Lecture 122. How to make a Temari "chrysanthemum of a between".



動画に音が無いのは仕様です。


2014年6月15日日曜日

本日の出品商品

まず、『紙風船』です。
この作品はお嫁入りした作品の補充で作りました。

送信者 紙風船


送信者 紙風船



お嫁入りした作品は
ブルーの部分が緑だったのですが・・・
同じ緑だと出戻り娘と思われそうで・・・
今回はブルーにしてみました。


アルバムを見たら白い部分が無くて
ピンク・黄・青・緑のバージョンもあったので
今度、こちらのバージョンも作っておこうかな・・・
と思っています。


次の作品は『あいだの菊』と呼ばれる物です。
菊にも数多くの種類がありますが
まだこのタイプは作っていなかったな・・・
と思い、作ってみました。


色使いは某所に中古で売られていたものが気に入ったので
その色使いを真似してみました。
元は紅花染めだったようですが
草木染の糸は入手が難しいのと
染色まで自分でやるのは・・・
と思い、私のものは市販の25番刺繍糸です。

やさしい色使いが気に入った手毬です。


送信者 間の菊


送信者 間の菊



そしてもう1点
基本の6つバラです。

今回はバラにしましたが
色のバランスを変えると椿にもなる模様です。

空間処理は松葉や三つ羽亀甲が一般的なのですが
バラらしく葉のステッチを入れてみました。


送信者 6つバラ


送信者 6つバラ



あいだの菊とバラの手毬は近日中に作り方をスライドショーにする予定です。


2014年6月10日火曜日

てまり『水芭蕉』の作り方

この作品は母のノートにあった作品です。 
母が作る手毬の土台の色は限られていました。
白と、黒
そして、いろも の赤、ピンク、水色

洋裁用のふちかがり糸を使用する・・・
という考えは母には無かったようです。


その為にこの手毬は土台は黒と書かれているのですが・・・
今回私は、土の茶色を選びました。


実は水芭蕉の花・・・
私は見たことが無いのです。
♪夏が来れば思い出す♪
この歌のイメージしかなくて・・・


改めて検索して写真を見たら・・・
湿原に咲くカラーのような花?


他の土台を選ぶとしたら・・・
緑になりそうだけど、葉の色をどうするか?

機会があったらまた作りましょう。


送信者 水芭蕉


送信者 水芭蕉



てまり講座121. てまり『水芭蕉』の作り方(詳細説明あり)
Temari Lecture 121. How to make a Temari "Asian skunk cabbage".


てまり講座121. てまり『水芭蕉』の作り方(詳細説明なし)
Temari Lecture 121. How to make a Temari "Asian skunk cabbage".



動画に音が無いのは仕様です。


2014年6月8日日曜日

てまり『山の初夏』の作り方

通常、日曜日に主人に販売品の写真を撮ってもらっているのですが
その為に作品を・・・と
週末はずっと作品作りにせいを出していました。 

でも、主人の仕事が入ってしまい・・・
写真は次週に・・・
 こんな事もあります。

 と言う訳でYouTubeにUPはしたのに
こちらにはまだ出していない作り方の紹介です。


送信者 山の初夏
送信者 山の初夏

10等分をさらに細かく分割した作品・・・
今まではあまり作っていなかったのですが
今後増やしていきたいなと思っています。 

母のノートを見ながら
ノートには多くの作品が書かれているのに
残っている作品には非常に偏りがあったり・・・

 母の場合は販売は積極的には行っていなくて
どなたかのご紹介でいらした方が 時々購入されていました。 

お値段の事もありやはり売れる作品ってのは
限られていて・・・
でも売れた作品はまた売れる可能性が高い。

この法則だけは本当のようです。
結果として同じ作品を数多く作ることになります。


 てまり講座119. てまり『10等分の組み合わせ、 六角形、五角形と三角形の補助分割』の作り方(詳細説明なし) Temari Lecture 119. How to make a Temari "Combination division of 10. Auxiliary division of a Hexagon, pentagon and a triangle".


 



てまり講座120. てまり『山の初夏』の作り方(詳細説明あり)
Temari Lecture 120. How to make a Temari "Early summer of a mountain".

   


てまり講座120. てまり『山の初夏』の作り方(詳細説明なし) T
emari Lecture 120. How to make a Temari "Early summer of a mountain".

 


 動画に音が無いのは仕様です。



2014年6月2日月曜日

本日の出品作品

『山の初夏』です。


送信者 山の初夏
送信者 山の初夏


この手毬は某所に販売されていたものです。
欲しい!となり作ってみました。

10等分の組み合わせ地割をさらに細かく分割しているので
少し時間がかかりました。


作品名どうしようか・・・ と思った時、
色使いがつい先日の我が家周辺の景色にそっくり!
藤の花が咲き、遅い桜が散る直前で、ツツジも色づき・・・
と言う訳で『山の初夏』と名づけました。


もう一つの作品は水芭蕉です。
この作品は母のノートにあったものです。

菊はかなり多く作った母ですが この水芭蕉は・・・ 覚えていません。
菊より糸をくぐらせる分、ちょっと作るのが手間ですから。


送信者 水芭蕉
送信者 水芭蕉


両方ともこれから手順のスライドショー 作成します。